梅雨と梅

こんにちは。
無垢材家具のBRUNCHです。

じっとりむしむし、梅雨まっただ中というお天気です。
毎年わすれずちゃんと来るもんですね、梅雨。

梅雨といえば湿気でむしむし、カビが生える、不快指数なんて言葉もあるほど、皆さんからはあまり好かれていない印象です。
しかしなんで梅雨という言葉に梅が使われているんでしょう。
すこし調べてみました。... [続きをよむ]

ハンカチノキ

5月に入り、ようやく寒い日もなくなってきたなと 思ったばかりですが、時期的には初夏なんですね。 5月の木を探していたら、 「ハンカチノキ」という木があることを知りました。 画像を見たとき、確かにハンカチのようだなと思いました。 「幽霊の木」とも呼ばれているとか。 その気持ちもわかりますね。 これだけたくさんのをみてしまうと、 幽霊と言いたくなる気持ちがわかります。 ミズキ科の落葉高木。 中国の1500~2000mくらいの標高の湿潤な山地に自生しているそうです。 樹木界の「中国パンダ」ともいうべき存在 とおっしゃっている方もいるみたいです。 この白い大きなのは、花びらではなく 苞葉が垂れ下がっているんだそうです。 花の本体は苞にくるまれるよう中心につき、 たくさんの雄花と1本の雌花が集まって ピンポンのようになるくなる。 苞には落ち方が2種類あるそうで、 雄花序苞はきれいな状態で2枚くっついたまま ぽとりと落ち、両生花の苞はしおれて黄色く変化してから バラバラに落ちそうです。 日本では、文京区 小石川植物園でみられます。 ゴールデンウィーク前後が開花予定との事ですから、 この連休中に訪れてみてはいかがでしょうか。 もちろんゴールデンウィークは開園みたいです!... [続きをよむ]

椿(つばき)について

春の木といえば皆さん何を思い浮かべますか? きっと多くの人が『さくら』だと思われるのではないでしょうか。 しかし木辺に春という字を見ると、ツバキと読みます。 朝夕はまだ冷えますが、春らしくなってきた本日はこの椿について調べてみました。 椿はツバキ科ツバキ属の常緑種。照葉樹林の代表的な樹木であります。 寿命の長い高木で、普通は高さ5–6mですが樹高18m・胸高直径50cmにも達する例もあるそうです。 同じツバキ属の山茶花(サザンカ)と間違われることも多い。 春の字がつくツバキですが、実は開花の時期は12~4月頃で、種類によってばらつきがあるようです。 日本や中国を原産とする冬を代表する花の一つであり、18世紀頃ヨーロッパに渡ると品種改良が盛んに行われ、現在では2500とも3000ともいわれる品種が流通しています。 私が小さいときは通学路にもけっこう咲いており、帰り道ツバキの蜜を吸ったりしていました。

<字の由来>

開花時期は冬~春にかけてですが、冬の花のイメージもあるツバキ。 ではなぜ『椿』という字になったのでしょうか。 中国では「チン」と読み、初夏に白く小さな花を咲かせる落葉樹のことを表しています。 一方、日本のツバキは一年中緑の葉をつけ、赤や白、薄くれないの花を咲かせる常緑樹。 つまり「椿」という字は、中国と日本ではまったく異なる植物のことを示しているのです。 一説によると、当時の人々が季節感を表現するため、春を代表する植物・ツバキを意味するのにふさわしい漢字を探し、木へんに「春」と書くこの「椿」という字を見つけます。 そこで、すでに中国で使われていたこの字を借りたのではと言われているようです。 椿はまるごとその花を落とすため、首を落とすように見えて不吉だと忌み嫌われたこともありましたが、一転、江戸の世では椿の観賞が大流行しました。 品種改良も進み、爽やかな香りで江戸の町に春の訪れを告げていたようです。   非常に身近な椿の樹ですが、大昔から世界中でその美しさを認められていたようです。 まだまだ冷えるこのぐらいの季節がとてもよく似合う椿を、見かけた際は愛でてみてください。... [続きをよむ]

春と言えば・・・ 世界の花粉症事情

2月も終わり、少しずつ暖かい日が増え、春の気配も感じられるようになってきました。 雨模様のお天気が続いていますが、春本番に向けて開花の準備をしている木々や花にとっては恵みの雨となりそうですね。 先日少し遠出をした際には、綺麗な梅の花が咲いていました。 写真を撮って気付いたのですが、梅の花の背後に、花粉をたっぷり蓄えているだろうスギの木がありました。 私も花粉症なので、近いうちにくる花粉症の季節がとても怖いです。 日本では主に春、次いで秋に花粉症の症状が出る人が多いですね。 花粉症の原因となる植物はスギだけでなくヒノキブタクサなどをはじめとして多岐にわたることはこれまでにもご紹介してきましたが、海外の花粉症事情はどうなのでしょうか。 当然ながら、海外でも花粉症は存在します。 そもそも花粉症の症状が初めて認識されたのはイギリスでした。 罹患率は全人口の20%ほどと高く、症状も日本の花粉症と似ているのですが、原因となる木が異なります。 オークの木プラタナスの木が、主要な原因植物なのだそうです。 【オーク】 【プラタナス】 他にもアメリカオーストラリアヨーロッパ南アフリカでも花粉症に悩む人が多いようです。 実際私も以前春先にイタリアへ旅行した際、花粉症の症状がひどく出てしまったことがありました。(何の花粉に反応したのかは定かではありませんが) 季節はやはり春が多いようですが、花粉症が全く無い国というのは存在しないかもしれませんね。 原因となる植物は国・地域によって異なります。 アメリカでは主なものでも20種類以上あり、州によって異なりますがハンノキ、オリーブ、カエデ、ヒマヤラスギ、アブラヤシ、ウォールナット、ブナなどが挙げられます。 【オリーブ】 【ブナ】 南半球のオーストラリアでは9月~1月くらいが花粉症のピークだそうで、アカシア、シーオーク、ニレ、デイジーなどが原因の植物とされています。 南アフリカでは、、昔から森林樹木、観賞用の木、木材生産に多用されていたサイプレス(イトスギ)が主な花粉症の原因植物となっており、30%もの人々が花粉症に悩まされているそうです。 【アカシア】 【サイプレス】 日本人にとっては単に「家具などの材料」という認識のオークやウォールナットも、国によっては花粉症の原因となってしまっているのには驚きでした。 が、よくよく考えればスギやヒノキも加工されて様々な形で私たちの生活の役に立っています。 花粉症の季節には悪者になってしまう木々も、需要があるからこそ、それだけたくさん植えられてきたわけです。 【オークの家具】 【ウォールナットの家具】 素敵な家や家具のある便利な暮らしを享受していくには、花粉症はある程度仕方のない事なのかもしれません。 が、やはり症状が重くなってくると、この辛い季節が早く過ぎ去ってくれるのを待ち望んでしまいますね!  ... [続きをよむ]

セブンスターの木

皆さんこんにちは。 「セブンスターの木」 をご存じですか? 私は最近知ったのです。 とても有名な観光スポットにある木なのです。 北海道の「美瑛町」というところにございます。 種類は「カシワ」の木です。 なぜ「セブンスター」と名付けられたかと言うと、 セブンスターと言えばタバコ。 タバコのパッケージに掲載されていた事から そう名付けられたそうです。 30年以上たっていますが、いまだに変わらずこの木がパッケージです。 柏餅はなぜ、柏の葉なのかを調べてみました。 柏は昔から神聖な木とされており、 新芽が出ないと古い葉が落ちなず、 「子供が生まれるまでは親が死なない」 事から、「子孫繁栄」など言われ、 縁起を担いで端午の節供の縁起の良い食べ物となったそうです。 食べる時には葉の香りを楽しみながら 味わいのが良いですね。 包む時、葉っぱの裏・表で中身の餡の違いがあるそうです。 甘い小豆餡と塩餡、もしくは味噌餡とで 見分けを付けるそうです。 そんな違いがあったなんて知らなかったです。 回りに遮るものがなく、堂々とこの木だけがたたずんでいます。 そんな姿をぜひとも見てみたいです。 夏はジャガイモの白い花がたくさん咲き誇っており、 冬はあたり一面雪に覆われているそうです。 想像するだけで素敵な景色ですね。... [続きをよむ]

季節の木 -カキノキ-

皆様こんにちは。 東京・目黒、千葉、横浜の無垢材家具店BRUNCHです。 ついこの間まであんなに暑かったのに、すっかり朝夕は肌寒く、秋の雰囲気が強くなってきました。 読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋。 そんな中でも今回は秋になるとスーパーに並ぶ『柿』について、調べてみました。 ■柿(カキノキ) 柿とはカキノキ科一種の落葉樹で、東アジアの固有種です。 生産量は中国、韓国、日本と続き、中国は日本の約8倍の量を生産しています。 もちろん国土、人口の違いは大いにありますが、日本の果実の印象が強いため私は意外に感じました。 また品種がかなり多く、1000を超えるとも言われていますが、大きく分けると『渋柿』と『甘柿』に分けられます。

渋柿

渋柿は実が熟しても果肉が硬いうちは渋が残る柿の事で、遺伝子的には渋いほうが優勢なのだそうで、古い品種はほぼすべてが渋柿です。 水溶性のタンニンを含有しているため、生のままでは渋くてとうてい食べられません。 湯やアルコールで渋を抜く方法があり、これを『醂す(さわす)』というそうで、このほかにも様々な渋抜きの方法があるようですが、一番有名で身近なのは『干し柿』でしょう。 小さい頃はお年寄りの食べモノと決めつけあまり好んで食べませんでしたが、今になってみるとあの何とも言えない甘みがほっとします。 干し柿とは単に柿を乾燥させて日持ちを良くするものだと思っていましたが、甘さを引き出すという科学的な根拠があったんですね。  

甘柿

甘柿は渋柿の突然変異種と考えられており、未熟時は渋いですが熟すにつれて自然と渋みが抜け、甘くなっていく品種です。 日本では1214年(鎌倉時代)に現神奈川県川崎市の王禅寺で発見されたものが日本で最初の甘柿とされています。 また中国では羅田甜柿という甘柿があり、日本の甘柿の形質発現が劣性遺伝であるのに対し、羅田甜柿は優性遺伝で、タンニンの制御方法も全く異なっているとわかっているそうです。

完全甘柿と不完全甘柿

甘柿の中でも熟せば自然と甘みを持つ完全甘柿と、種の有無・多少によって渋みが残る不完全甘柿とがあります。 渋みが残ることがあるので不完全甘柿を渋柿の一種に含めることもあり、前述の王禅寺の柿もまた不完全甘柿です。

<桃栗三年柿八年>

これは果実を植えたら実がなるまでに相応の年月が必要なことから、何事も成就するまでそれ相応の年月がかかる、という事を例えたことわざです。 実際、柿の実がなるまでに8年かかるのでしょうか。 昔は7、8年かかっていたようです。 しかしこれは種から植えた場合で、上でも説明したように種から育てるとほとんどの場合は渋柿しか実りません。 そのため現在では接ぎ木での育成が主流で、接ぎ木であれば約4年前後で実をつけるそうです。 ちなみに、桃栗三年柿八年のあと、さらに言葉が続くのをご存知でしょうか。 例えば… 『柚子の大馬鹿十八年』 『林檎にこにこ十五年』 『梅は酸い酸い十三年』 などなど。 これからの季節、街角で柿の木を見かける機会も多いと思います。 そんな時はこの小気味のいいリズムで口ずさんでみてください。 それでは、また。... [続きをよむ]

金木犀について

皆様こんにちは。 東京・目黒、千葉、横浜の無垢材家具店BRUNCHです。 BRUNCHがある関東地方は猛暑の夏を過ぎ、日ごとに秋が近づいている毎日です。そんな秋のはじめを感じさせる香り、毎年この時期に咲く金木犀(キンモクセイ)についてです。 金木犀はモクセイ科・モクセイ属の常緑樹です。大きくなると10m近くにまで育ちますが、基本は低木樹であり庭木や公園などによく植えられています。病害虫にも強く、三大香木に数えられるキンモクセイ。遠くまで届く甘い香りを気に入って植えられているようです。 また、キンモクセイの由来はその樹皮の模様。サイの脚ような模様のようであることからから木犀と名付けられたようです。低木ではそんな感じがしませんが、大きくなるにしたがってそのような風合いになるそうです。 キンモクセイは江戸時代に中国から伝わってきた外来種です。また雌雄異株で、日本にあるキンモクセイは雄株しかないため実がなりません。雌株は香りが弱いため選ばれなかったといろいろな説がありますが、不思議なことです。本場中国でも雌株は珍しいそうです。 そんなキンモクセイですが、キンモクセイの仲間ご存知でしょうか?代表的なモクセイ属をご紹介したいと思います。 ギンモクセイ(銀木犀) キンモクセイの原種。キンモクセイはギンモクセイの変種だそうです。 木としてみたときは違いがほとんどなく、葉っぱの形状が違うなど遠目で見ると気づきにくいです。 花は白い花をつけ、キンモクセイより弱めの香りがします。 ウスギモクセイ(薄黄木犀) ギンモクセイの変種でキンモクセイと似た黄色い花が咲きますが、キンモクセイと比べて色が薄く、そこからウスギモクセイと名付けられたそうです。こちらも遠目で見ると見分けがつかない木です。
また、春先には紫色の実がつきます。
ヒイラギモクセイ(柊木犀) 文字の通り葉っぱが柊のようにとげとげしています。ギンモクセイと柊の交雑種で、見た目は柊、花が咲くと銀木犀のような花と香りがします。こちらはほかのモクセイとは見分けがつきますが、柊と比べて葉が大きいのが特徴です。 キンモクセイは低木で横枝が多いためか木材として利用されておらず、公園や庭木などの観賞用として用いられています。 また花も9月下旬から一斉に咲き始めますが、1週間から1か月で終わるため短いのも特徴です。 道で咲いているキンモクセイ、一度気にかけてみてはいかがでしょうか。 今回はキンモクセイについてでした。... [続きをよむ]

『イチョウ』について

  こんにちは。BRUNCHです。 暑さもだんだんと和らいできましたね。今年の夏は猛暑、西日本を中心とした台風、そして北海道の地震といった自然災害の影響が多くあったように感じます。被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 さて秋も深まってきたこの時期、一度は目にするであろうイチョウの木についてご紹介したいと思います。 BRUNCHがある目黒通りにはイチョウの木がたくさんあります。 何故街路樹にはイチョウの木多いのか皆さんはご存知ですか?私は何となくの理由でイチョウの木が植えられているのだとばっかり思っていましたが、実は歴史的な理由があったのです・・・! 街路樹にイチョウが使われるのが多いのは、はるか昔平安時代の頃のお話です。中国大陸に修行に行っていた僧たちは聖なる木として持ち帰ったのが始まりでした。聖なる木として持ち帰ったのは、秋になって美しく黄金にひかるイチョウに感動したのかなーなんて想像しながら歴史のロマンに浸っておりました。なんだか素敵ですよね* そういえば日本でも古くから親しまれお寺などでもとても大きなイチョウの木がよく植えられていますよね。 それにも理由があるようです。イチョウの木は『火事の時は水が吹く』と言われるくらい火に強いそうです。防火樹としても神社などで植えられました。 私は学生時代に建築設計を専攻していたこともあり道路に関して少々知識があるのですが、目黒通りは緊急輸送道路なのでいざ何か起こったとしても目黒通り一帯に火に強いイチョウの木が並んでいるのでとても心強いですね! さて少し脱線しますが皆さんイチョウの葉がそれぞれ形が違う理由ご存知でしょうか。 手の形をしている葉、ズボンのような形をしている葉、扇型の葉、ひとつひとつ葉の表情が違っていて見ていると楽しくなりますよね* 葉の形が違うその理由は、葉が生まれた時期と環境にありました。 特に驚いたのが手のひら型の葉は剪定(木の枝を切って長さを調節など行う作業)した枝に多いようです。 生きているので切った枝からまた新しい枝が生えてきますよね。そこに出来る葉は剪定された分更に栄養を求めて光合成を求め大きくなります。ただ扇型のままでは風の影響も大きく葉が飛ばされてしまう為風の負担を減らすべく手のひら型になるようです。 風の影響まで考えて成長するとはなんとも言えない賢さですよね。まるで仕事をバリバリこなすビジネスマンのようです。私もそんなその時の状況で物事を考え行動できるような人間にならないといけない事を改めて教えてもらった気持ちになりました。 これから目黒通りにたくさんあるイチョウたちの葉が落ちてきてお掃除が大変ではありますが、今回沢山のことを知ることが出来たのでオープン前のお掃除も葉の形を見ながら楽しめそうです。 皆さんもこれからの時期のイチョウとってもきれいなので葉の形も少し注目してみてくださいね*  ... [続きをよむ]

間伐材のゆくえ

『間伐材』という言葉を聞いたことはありますか? 間伐とは、人工林や里山などの人の手が入った天然林の生長に伴い、混み合ってしまった立木の一部を伐採することです。 これを行うことで日当たりが改善し、樹木そのものだけでなく下草が生育しやすい環境ができ、土壌の流出防止にも繋がることから、土砂災害防止の為にも重要視されている、とても重要な保育作業です。 この作業で伐採された木材のことを『間伐材』と呼びます。 曲がって生長してしまった木や入皮が生じた木などを中心に伐採されますが、それら間伐材も、大切な資源として多くの場面で利用されています。 1970年代までは、主に建築現場などの足場材として多く用いられましたが、アルミニウム製の足場が登場してからはそちらが主流となり、需要が低下していきました。 その後、間伐材の利用方法について見直しが行われ、現在では、木の形のまま利用されたもの、別の形に加工したものなど、様々な間伐材を利用した商品が生み出されています。   【再生紙】 間伐材を紙パルプの原料の一部に使用して作られた再生紙は、既に私達の生活に根付いた存在となっています。 それを更に封筒、はがき、名刺、ファイルなどに加工し、取り入れている企業も多くあります。 特定調達品目の基準をクリアしている商品なら「グリーン購入法」で購入ができ、企業的にエコに協力することにもなるので、企業側が導入しやすい仕組みとなっています。   【割りばし】 割りばしが間伐材を利用していることはご存知の方も多いかもしれません。 輸入品の割りばしについては必ずしも間伐材で作られたもののみではありませんが、国内産の割りばしは、割り箸製造のために伐採されたものではなく、建築用材の端材や残材、間伐材から製造されたものです。 コンビニエンスストアやファミリーレストランでは、この間伐材を利用した割りばしを導入している企業が増えてきています。   【集成材】 小さな木材を接着剤で組み合わせて作る集成材も、間伐材から作られます。 フローリングなどに利用されるので、馴染みのある方も多いかもしれません。 建材以外にも、テーブルの天板など、家具や内装にも利用されることがあります。   【バイオマス燃料】 間伐材は、木を利用した燃料『木質バイオマス燃料』(木質ペレット)として、ボイラーの燃料となったり、発電燃料のとしての利用も進められています。   その他、紙コップや紙袋、木製のお皿など、幅広く利用され、私達の生活にも密接に関係している間伐材。 さらにその利用・用途開発を促進するために間伐材利用コンクールが開催されるなど、様々な取り組みが進められています。 間伐材利用の可能性は、これからもまだまだ広がっていきそうですね。 木を無駄にしない取り組み。 私も消費者の立場から、積極的に協力していきたいと思います。 それでは今週はこの辺で。 来週の『木と学ぶ』もお楽しみに!  ... [続きをよむ]